• HOME
  • HOME
  • LIFE STYLE
  • スマホ+αで写真のクオリティがグンと上がるスマホ用カメラグッズ

スマホ+αで写真のクオリティがグンと上がるスマホ用カメラグッズ

LIFE STYLE

今のお花見シーズンであったり、これから来るGWや夏休みなど、思い出を残す必需品であるカメラ。

SNSにアップする人も増え、その需要は近年さらに高まっていますよね!

昨今は一眼レフカメラやミラーレスカメラなどを持ち歩くカメラ男子やカメラ女子も増え、写真の質にこだわる人が増加しています。

ですがやはり、カメラを持ち歩くとなると荷物になり不便と考える人も多く、必ず持ち歩くスマホカメラで質の高い写真を撮ることができたら…

スマホのカメラの性能もどんどん上がっていますが、よりクオリティの高い写真を撮りたい、一眼レフ並みに撮れないかと考える方にはスマホ用カメラグッズを活用するのがおすすめです!

今回はどんなカメラグッズがあり、どんな撮り方が期待できるのかご紹介します!

◆ 広く撮りたいときに役立つワイドレンズ

出典:Yarrashop スマホ レンズ 15xマクロレンズ

建物や景色を撮影する際にもう少し広い範囲までカバーしたいときに役立つレンズで、初めてのスマホ用レンズとしても最適です。

広大な景色はもちろん、大人数での集合スナップの撮影にも便利です。

出典:Yarrashop スマホ レンズ 15xマクロレンズ

◆ ズームアップしたいときに便利な望遠レンズ

出典:OYRGCIK スマホ望遠レンズ

スマートフォンのズーム機能は、画質が粗くなってしまうことが少なくありません。

イベントの撮影や動物園など、撮影したい対象物に思うように近づけないときに役立ちます。

望遠レンズは手ぶれしやすいので、しっかり固定して使いましょう。

出典:OYRGCIK スマホ望遠レンズ

◆ 小さなモノも大きくキレイに写せるマクロレンズ

出典:ONTWIE 10×マクロレンズ

スマートフォンのカメラは接写に弱いので、近づいて撮りたいときにピントがぼやけてしまいます。

マクロレンズを装着すれば、道端で可憐に咲く花やアクセサリー、小さなスイーツなど、撮影したい対象に近づいてズームアップができ、細かな描写やわざとぼかすなどの撮影手法もできます。

出典:ONTWIE 10×マクロレンズ

◆ 気軽なクローズアップレンズ

出典:DOFLY 4K HD スマホ用カメラレンズ

もう少し寄って撮影したいけれど、マクロレンズに交換するのは面倒、交換している間にシャッターチャンスを逃してしまうかもというときにおすすめです。

スマートフォンのレンズにサッとかぶせるだけで使え、直ぐにグッと寄れます。

レンズキャップホルダーを一緒に購入して、その中にに入れて持ち歩けば、使いたいときにサッと取り出せます。

レンズキャップホルダーも+αグッズとして、セットで購入したいものです。

出典:DOFLY 4K HD スマホ用カメラレンズ

出典:DOFLY 4K HD スマホ用カメラレンズ

出典:DOFLY 4K HD スマホ用カメラレンズ

◆ 本格的な写真が撮りたいならCPLレンズ

出典:AUKEY CPLフィルター スマホレンズ

PLフィルター搭載でガラスや水面の反射による写り込みが除去され、見たままに近い色で撮影できるので、青空や山、森や建物などの色彩を鮮やかに表現できます。

装着したら前枠部分を回転させながら効果を調節しましょう。

不要な反射光が消える角度で回転を止めることで、反射除去と色彩コントラスト効果による本格的な風景撮影が楽しめます。

出典:AUKEY CPLフィルター スマホレンズ

◆ オモシロ写真も撮れるフィッシュアイレンズ

出典:フィッシュアイレンズ クリップ式

周辺部の歪みやボケが少ないフィッシュアイレンズを選べば、気軽に魚眼の世界観が楽しめてユニークな写真が撮れます。

景色の撮影ではワイドレンズより広い範囲がカバーでき、人物や動物の撮影ではオモシロ画像が楽しめます。

出典:フィッシュアイレンズ クリップ式

◆ 自撮りにはセルカレンズ

出典:Arrinew セルカレンズ 魚眼レンズ 2点セット

自撮りには自撮り棒が有名ですが、セルカレンズを使えば、自撮り棒なしでも、自分の腕を少し伸ばしただけで大人数の集合スナップを撮ることが可能です。

棒を伸ばすと禁止の場所や、迷惑になる、みっともないと感じる方や棒を持ち歩くのが面倒な方におすすめです。

出典:Arrinew セルカレンズ 魚眼レンズ 2点セット

◆ 外国人観光客に人気のセルカ棒(自撮り棒)

出典:自撮り棒 Bluetooth セルカ棒

セルカ棒の場合は、広範囲を自然な写り方でおさめられます。

大人数での集合スナップ撮影にも便利ですが、棒を伸ばして撮影するので禁止されている場所も増えているほか、人ごみで使うのは危険です。

周囲に配慮して使うようにしましょう。

出典:自撮り棒 Bluetooth セルカ棒

◆ 自動撮影できるリモコンシャッターセット

出典:セルカ棒 三脚兼用 bluetooth リモコン シャッター付き

どこでも簡単にリモコン機能で撮影ができるリモコンシャッターと三脚&スマホホルダーがついたパーフェクトなセットを用意しておけば、観光や旅行先でバンバン記念撮影ができます。

出典:セルカ棒 三脚兼用 bluetooth リモコン シャッター付き

◆ 色合いにこだわりたいならLEDライト

出典:RINGJ 自撮りライト

ライトの効果で鮮やかな色味と自然な色合いを表現することができます。

光が強すぎて使いにくく、ぼやけてしまうスマートフォンのフラッシュとは異なり、撮影にこだわる方に選ばれています。

出典:RINGJ 自撮りライト

◆ まとめ

いかがでしたでしょうか?

一眼レフカメラやミラーレスカメラを持たなくても、スマホとこれらのグッズでクオリティの高い写真を撮ることができるのです。

お値段もカメラのレンズとは比べものにならないほど低価格(大体1000円〜5000円)ほどで購入することができます。

クリップタイプのものならば装着も簡単に行えますし、荷物にもなりません。

100円ショップで発売しているレンズもあるようなので、試しに100円ショップのものを使ってみるのも良いかもしれません!

大切な思い出に残る写真のクオリティを、スマホレンズであげてみてはいかがですか?

関連記事一覧

今より人生を向上したい全ての方達へ。
ビジネス、ファッション、美容、ライフスタイル、趣味など、あらゆる面で情報を発信していきます。
皆さまの明るい人生の後押しが少しでも出来たらと願い。