ノーベル賞受賞EGF配合の『3GF美容液』で“美肌力”を呼び覚ます!

BEAUTY

年齢を重ねるにつれて気になってくるのが、ハリやシミ、しわ、たるみ。
毎日丁寧にスキンケアを行っていてもお肌の老化にはなかなか対処しきれませんよね。

もしかすると、なにかが“足りない”のかも。
そのなにかを足してあげるのが『3GF美容液』です!

今回は、保湿に優れた3GF美容液と、それを使ったフェイシャルエステについてご紹介します。

◆ 「3GF美容液」ってなに?

あなは『3GF美容液』という美容液を知っていますか?

3GFとは「EGF・FGF・IGF」の3つを配合したもので、中でもEGFは上皮細胞成長因子(肌をつくる因子)であるとされノーベル賞を受賞しました。

JCprogramの「3GFエッセンス リッチ」には、美容医療において注目されている幹細胞エキスが配合され、保湿力がさらにアップ。
浸透力も高まり、お肌の奥深くへと美容成分を届ける優れものです!

◆ 3GF美容液の驚くべき3つの効果

次に、「EGF・FGF・IGF」それぞれの効果について見ていきましょう。

「EGF」とは上皮成長因子のことで、ターンオーバーを整える働きがあります。
皮膚の外側にある表皮に働きかけ、ハリや透明感を引き出し、色素沈着を予防。
医療分野では火傷や傷の回復に使われていた成分です。

「FGF」とは線維芽細胞増殖因子のこと。
線維芽細胞とは真皮にある細胞で、ヒアルロン酸とコラーゲン、エラスチンを作る働きがあります。
その細胞を増殖させてくれるのがFGFです。

「IGF」とはインスリン様成長因子のことで、細胞の生成や老廃物の排出を促します。
EGFとFGFの効果を高める働きもあります。

これら3つはシミやしわだけでなく、お肌のトラブルを全般的に改善する効果があり、ニキビや毛穴の凸凹も治してくれるのです。

◆ JCprogramの3GF美容液の成分を調査した結果…!

JCprogram「3GFエッセンス リッチ」の成分表を見てみると、しっかり「EGF・FGF・IGF」が配合されていることがわかりました。

成分表の上から4つ目に「ヒトオリゴペプチド-1」、続いて「ヒトオリゴペプチド-13」、「合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31」とありますが、これらは順にEGF・FGF・IGFの成分です。

安い化粧品の中には成分が少ししか入っていない商品もありますが、先頭近くに記載されているため信頼性はかなり高いと言えます。

関連記事一覧

今より人生を向上したい全ての方達へ。
ビジネス、ファッション、美容、ライフスタイル、趣味など、あらゆる面で情報を発信していきます。
皆さまの明るい人生の後押しが少しでも出来たらと願い。