老後2000万円問題の解決策!iDecoは節税対策と投資初心者におすすめ!

BUSINESS

老後資金2,000万円問題覚えていますか?
消費税増税のインパクトで忘れていませんか?

老後資金2,000万円問題が話題になってからちゃんと対策をスタートしていますか?

もしかして不安になるだけなって何も対策をしていないって事はないですよね?

この問題が話題になった時に日本政府がiDecoやNISAを勧めたのを覚えているでしょうか。

忘れた方々こちらの記事をもう1度読んで復習しましょう。

このiDecoが節税対策として、とんでもなく効果的で投資初心者が投資を始めるのに最適なのです。

投資や節税対策を行おうとしてなかなか、行動に移せなかったそこのあなた。

重い腰を上げる時が来ましたよ。

今回は、老後2000万円問題の解決策として話題になったiDecoが節税対策と投資初心者におすすめの理由をご紹介致します。

◆ iDecoが節税対策としておすすめな理由とは?

そもそもなぜ政府がiDecoを立ち上げたのか。

それは政府が国民1人1人に公的年金の減少に備えて貰えるようにするためです。

つまり、政府としては国民にこのiDecoを活用して欲しいのです。

活用して欲しい時にどういう工夫をすると思いますか?

それは、政府がこのiDecoを利用すると様々なメリットが受けれるようにしたのです。

つまり、iDecoを利用しない手はないのです。
ではどのようなメリットがあるのか。

それが税制優遇。つまり節税対策になるのです。しかもこの節税対策が3段階で得られるのです。

第1段階としては掛金の全額が所得控除の対象になるため、税金が軽減されるのです。

この節税額は個人の年収や扶養家族の数で変動します。

言葉で伝えても難しいと思ったので表を作成しました。こちらの表をご覧ください。

つまりこの表からわかる通り、だいたいの方が掛金に対して15〜30%が返ってくる計算となります!

ここで注意すべき点は専業主婦や専業主夫の方で所得税や住民税を納めていない場合は適応されません。

第2段階としては普通は証券口座で投資をした際に運用利益の20%ほどが税金の対象となります。

しかし、iDecoでは運用利益は税金の非課税となります。

つまり、いくら利益を出そうと利益分が全て自分の手元に入るのです!

第3段階としては受取時にも退職所得控除と公的年金等控除の対象となります。

こちらに関しては、一定額までは非課税、または税額が少なくなります。

どうですか。
この3段階で受けられる魅力的なメリット。

政府が国民に利用して貰うためにiDecoにこんなにも魅力的なメリットを備えたのです。

これがiDecoが節税対策としておすすめな理由です。iDecoを利用しない手はないですよね?

◆ iDecoが投資初心者に最適な理由とは?

投資初心者がまず投資を始める際に手をつけるべきは投資の基本となる積立投資なのです。

この積立投資でしかも低コストで運用が可能な商品がiDecoには多くあります。

投資初心者にとって、いきなり高コストの商品は手を出しづらいですよね。

さらに!投資初心者に嬉しいのがiDecoは何度でも自由に商品の売買が可能なのです。

NISAなどは売却の際に非課税枠が減ってしまうのでiDecoの方が良いですよね。

低コストで投資の基本である積立投資が可能で、しかも何度でも自由に商品の売買が可能。

これがiDecoが投資初心者に最適な理由です。

◆ iDecoを利用する際に注意すべきこととは?

それは積立てた資金は60歳までは引き出すことが不可能ということ。

受取期間は60〜70歳の期間で選択することが出来ます。

さらに注意すべきは、積立期間が短い場合は受取可能の時期が遅れる事です。

最も遅くて65歳から受取が可能となります。

60歳までの生活資金や子供の教育資金が足りなくなったとしてもiDecoから引き出すことが出来ない。

つまり無理のない範囲で積立する事が大切となるのです。

これさえしっかりと理解した上で始めれば大きな問題ではないのではないでしょうか。

iDecoの掛金額は最低額で5,000円から始めることが出来ます。

1,000円単位で金額を変更することが可能です。これは年に1回金額を変更する事も可能なのです。

またどうしても家計とのバランスが保てない場合はいつでも掛金を停止する事も出来ます。

ただし、この手続きには1〜2ヶ月ほどの期間がかかります。

再開する場合も停止同様いつでも対応してくれます。

◆ まとめ

iDecoがどれほど投資初心者に最適で節税対策としておすすめなのかお分かり頂けたでしょうか。

節税対策として3段階でメリットがあり、

①掛金の全額が所得控除の対象になるため、税金が軽減
②iDecoでは運用利益は税金の非課税
③受取時にも退職所得控除と公的年金等控除の対象

という節税対策として大きなメリットがあります。

またiDecoは投資初心者にとって嬉しい、

投資の基本となる積立投資の低コストで運用可能な商品が多く取り扱っており、さらに何度でも自由に商品の売買が可能なので投資初心者にとって投資を始めやすい条件が揃っているのです!

唯一、注意すべき点は積立金は60歳まで受取が不可
なこと。

その解決策としては無理のない範囲で積立を行うことを心掛ければ大きな問題ではありません。

老後2000万円問題の解決策の1つとして節税対策や投資初心者にとって最適のiDecoを始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

今より人生を向上したい全ての方達へ。
ビジネス、ファッション、美容、ライフスタイル、趣味など、あらゆる面で情報を発信していきます。
皆さまの明るい人生の後押しが少しでも出来たらと願い。