購入検討は必読!!Apple Watchを1年間使用して便利と感じた機能とは?

LIFE STYLE

先日、Appleがiphoneなどの新作を発表致しました。

この時期になるとApple製品の物欲が止まらなくなるのが悩みの種ですね。

その中の1つにApple Watchの新作発表もありましたね。

新機能を備えたApple Watch欲しい!と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も去年の今頃にApple WatchのSerie 4を購入しました。

Apple Watchは興味があるんだけど購入しようか悩んでいる方いませんか?

便利そうなのはわかるんだけど、自分が使いこなせるか不安と思っていませんか?

そもそもApple Watchで何が出来るかわからないという方もいるでしょう。

これからApple Watchの購入を検討されている方や購入を悩んでいる方に是非読んでもらいたいと思っています。

今回はApple Watchを購入して1年が経過して便利と感じたことなどを今回はご紹介したいと思います。

◆ Apple Watchの購入前の悩みの種とは?

Apple Watchを購入する前の悩み事抱えている方。私もそうでした。

その悩みは「Apple Watchは便利なのか」「Apple Watchを使いこなせるか」
「GPS + CellularモデルとGPSモデルなどの違いが何かわらならい」
などではないでしょうか?

決してApple Watchは安価な買い物ではありません。

そのため、その価格を捻出してこれらの心配事があると簡単には手を出す事は出来ませんよね。

Apple Storeの店員に聞いても、基本的には良い意味でも悪い意味でもこんなに良い商品なのだから買うでしょ?くらいの勢いです。

これは店員としては当たり前です。商品を売り込むのが店舗にいる店員の仕事ですからね。

そこでApple Watchの売り上げに貢献してもマージンが一切ない素人の私が独断と偏見でこの1年間使用して感じた事をお伝えしたいと思います!

◆ Apple Watchの便利な機能とは?

1年も使用していると正直「相棒もの」です。

その中でも便利と感じた機能をご紹介していきたいと思います。

キャッスレス決算

まず1番最初に何が便利と言われたらこれです。
もちろん携帯でも出来ます。

でもApple Watchなら携帯をポケットやカバンから出さずに対応出来るのが便利なのです。

電車を利用するときに改札の右側に非接触リーダーがあるので最初は使いづらいかなと思いましたが、普通に慣れます。

むしろ今では右側に非接触リーダーがあっても全然気にならないです。

逆にいえばコンビニなどの非接触リーダーは左側にあるのでとてもスムーズに行えます。

SuicaだけでなくクレジットカードもApple Watchの中に取り入れることも可能です。

またApple Watchを購入してから財布を持たずに出かけられるようになりました。

念のための現金数千円と免許などをカードケースに入ればまったく問題なし。手ぶら最高です。

通知機能

携帯に届いた通知がApple Watchに通知がくるのですぐに気付きます。電話なら100%気付きます。

営業関係で働いている方で電話を取り逃がしたくない方は絶対に買うべきです!

通知を逃してしまう人やついついレスが遅くなってしまう方には便利な機能ですよね。

その他にもApple Watchなら通知だけではなくLINEなら簡単な返信も可能なのが便利です。

LINEの返信は『音声入力』『ボイスメモ』『スタンプ』『定例文』の4つがあります。


こんな感じで返信方法を選択する事が出来ます。


スタンプはこんな感じです。


定例文はこんな感じです。


音声入力だと音声を拾って文字に起こしてくれます。


ボイスメモはこんな感じで音声を文字に起こさず、確認することが出来ません。

またApple Watchの通知の良いところは全てを通知することから自分の必要なものだけを選ぶことも出来ます。


このようにマイウォッチの中にある通知をタップします。


こんな感じで自分が必要なものを選べばOKです。

通知したものだけApple Watchに連動するので電話やLINEだけでなく天気などの防災速報をしてくれるアプリを入れておくと便利ですよ!

オフラインで音楽を聴く

ランニングや筋トレに必須なもの。
それはモチベーションを上げてくれる音楽です!

ただiphoneをポケットの中に入れていると邪魔になる。

そんな時に利用するのがApple Watchに音楽をダウンロードすればオフライン再生が出来るのです!

やり方はこんな感じです。


マイウォッチからミュージックをタップします。


ここから聞きたいアルバムやプレイリストなどを選択して追加をすればOKです。

画面にも書いてありますが、これはApple Watchが充電器にセットされていて、iphoneの近くにある時に同期されるので注意してください。

またオフラインで音楽を楽しむためにはBluetoothヘッドフォンが必須ですのでこちらもご注意ください!

これで運動も頑張れますよね!

携帯を簡単に探すことができる

私、部屋の中で携帯をよくどこに置いたのかわからなくなります。そんな時に便利なのがこの機能。


こちらのグランス表示して、右上にあるiphoneを呼び出すアイコンをタップするだけ。

携帯がサイレントモードになっていてもかなり大きな音で鳴るので簡単に発見できます!

携帯をよく部屋で紛失してしまう人にとってはとっっっっっっても便利です!

iphoneにある音楽のアプリのリモコンになる

iTunesはもちろんの事、Spotifyなどのアプリなどの音楽再生や停止などあらゆる操作をApple Watchで
行うことが出来ます。


こんな感じです。

携帯をカバンやポケットからわざわざ取り出さずにApple Watchで操作が出来るのが便利です。

Apple Watchのアラーム機能で密かに起床する

同じ部屋に家族が寝ていて、起きる時間が違うのに携帯のアラームの音で起こしまうことを気にされる方いらっしゃいませんか?

Apple Watchがあればその問題解決できます。

Apple Watchにもアラームがあるのでセットして音なしのバイブレーションで起こしてもらうのです。

個人差はあるかもしれませんが、僕はこれでアラームに気付かずに寝過ごしてしまった事はありません。家族もApple Watchのアラームに気付いたことはありません。

僕自身も変な気を使わなくなったのでとても良いです

あとは時計を付けながら寝ることへの抵抗がなければ問題ありません。

個人的には今まで気になった事はありません。

運動のモチベーションが保てる

Apple Watchでワークアウトやアクティビティを利用することで運動がしたくなる環境を整えることでモチベーションが保つことが出来ます。


ワークアウトではウォーキングやランニングやサイクリングなどのベーシックなものからヨガやプールスイミングや高強度インターバルトレーニングなど様々な運動を選ぶことが出来ます。


その選んだ運動から時間や距離やカロリーなどの目標を設定して運動することが可能なのです。

この目標設定があるだけでモチベーションって保ちやすいのです。

運動中には、なんと脈拍数もApple Watchは測定してくれるので自分の強度にあった運動を行うことが可能です。


アクティビティでは、このように1日に消費したカロリー、運動した時間、立ち上がった回数も記録されています。

これも自分で1日の目標の消費カロリー、運動時間、立ち上がる回数が設定出来るので自分のペースで頑張ることが可能なのです。

歳を重ねるとなかなか運動する機会がなかったり、優先順位が低くなりがちなのでApple Watchで自分がどれくらい運動出来ているか数字でチェックできるとやらなくてはいけないと思い立たされます。

その結果、運動のモチベーションが保てるようになるのです。

◆ Apple Watchの違いとは?

どれくらい便利かわかったところで、次は各モデルの違いなどがイマイチわからないため悩みますよね。

説明していきましょう。
まず大きな違いの1つは通信についてです。これがGPS + CellularモデルとGPSモデルの違いです。

シンプルに伝えるとGPS + Cellularモデルは携帯を所持していなくても単体で通信が可能になります。

つまりGPSモデルだと携帯がApple Watchの近くにないと電話などをすることは出来ません。

ちなみにですが、GPS + Cellularモデルの単体で通信が可能になる機能を使えるのは3大キャリアのDocomo、SoftBank、auのみです。

しかも、携帯料金とは別途でオプション契約を交わすため料金が発生します。

Docomoが月額500円、SoftBankとauが月額350円です。

携帯を持たない事はほとんどない私にとっては、ここは悩むところではなくGPSモデル一択でした。

実際に使っていてGPSモデルに不満を持つことはなかったです。

次に素材です。
GPSにモデルは選べるのはアルミ素材のみです。

Serie4はアルミ、ステンレスから選べます。

Serie5からはアルミ、ステンレス、チタニウム、セラミックから選べます。

素材って言われてもピンとこないですよね。
素材の違いの1つは見た目です。

見た目で言えばステンレスやチタニウム、セラミックの方が高級感があります。

私もここは非常に悩みました。こだわる人からみるとステンレス格好いいのです。

しかし、嫁からの1言で目が覚めます。

「私から見るとアルミもステンレスも同じに見えるんだけど、何が違うの?」

衝撃の1言でした。「マジかよ」と思わず言ってしまいました。この違いわからないの?とも思いました。

でもよくよく考えたら僕も人のApple Watchを見てアルミだな、ステンレスだな、なんて思う事が今まで無かったことに気付かされたのです。

なので私はアルミを選択。今のところはまったくステンレスに未練はありません。

次に素材によって変わるのが軽さです。
軽さは断然にアルミの勝利です。

腕時計は常に身体に着用するものなので軽さは意外に重要です。

ランニングなどのスポーツをしながらApple Watchを着用する事が考えられる人はアルミをオススメします。

ビジネスシーンでの活用を検討される方はステンレスやチタニウムやセラミックを選択するのもありでしょう。

あとはサイズです。

Serieシリーズによってサイズの大きさは異なりますが、シンプルに大きなサイズか小さなサイズから選べます。

これは店頭で実際に着用して確認する事をオススメします。

なぜなら私は購入前は小さいサイズを検討していましたが、思いの外にしっくりこなかった結果大きなサイズを購入したからです。

腕時計を買うのに、着用せずに買う人はなかなかいませんよね?
しっかりと着用してサイズ感を確かめましょう!

◆ まとめ

私が感じたApple Watchの便利な機能を使ってみたいと思った方、迷わずにApple Watchを購入しましょう。

快適に生活が過ごせるようになります。
正直、迷っている時間がもったいないです。

購入を決意されたあなた。

あとはどのSerieシリーズにするか、GPSモデルかGPS + Cellularモデルにするか、素材をどうするかサイズをどうするかですね。

予算と自分の好みのバランスで選んでみるのが1番でしょう。

増税後だろうと関係ありません。今すぐに購入すべきです!

あなたもこれを期にApple Watchのある生活を始めてみませんか?

関連記事一覧

今より人生を向上したい全ての方達へ。
ビジネス、ファッション、美容、ライフスタイル、趣味など、あらゆる面で情報を発信していきます。
皆さまの明るい人生の後押しが少しでも出来たらと願い。