港区バーに何着ていく?恥をかかないこなれモテファッションとは?

FASHION

ある日、急な誘いで今週末の夜に先輩と港区のバーに行くことに。

カジュアルなバーには何度も行ったことがあっても、今回行く予定となったバーは港区のオーセンティックなバー。

※オーセンティックバーとは、ダイニングバーやダーツバー、スポーツバーなどお酒+αを楽しむのとは違い、純粋にお酒を楽しむバーとされています。

そんなとき、どんな服装で行ったらいいのか迷ってしまいますよね?

カジュアルなバーではなく、初めてのオーセンティックバーだとしたらなおさら、変に浮いてしまうのではないかと不安になってしまうものです。

そこで今回は、格好良く港区バーに馴染むことができるモテファッションをご紹介します!

気になる方は是非チェックしてみてください!

◆ 港区バーで浮かないための洋服のチョイスとは?

日本のバーではドレスコードがある店はほとんどなく、実はどんな服装でもOKなんです!

とはいえ、極端ではありますが半袖短パンのビーチサンダルなど小汚い格好ではさすがに浮いてしまいます。

バーの上級者で、あえてそのような格好をしている人もいますが、バー初心者でそのような格好をしてしまうと周りからイタい目で見られてしまうかもしれません。

何よりモテるためには清潔感は必須です!

上記のようなバー上級者には、バッグや時計など高級なアイテムをチラつかせていたりします。

また、逆に気張ってカッチリ決めすぎるのも、気合いを入れて来たのだろうと初心者感を明るみに出してしまっているかもしれません。

おすすめの服装としては、きれい目な服装に「こなれ感」をプラスしたコーディネートが、お洒落に格好良くその雰囲気に馴染むことができます。

◆ そもそも「こなれファッション」とはどういうことなのか?

最近よく聞く「こなれ感」や、「こなれファッション」とは、どういうものかがイマイチわからないという人も多いかもしれません。

これは、頑張ってお洒落をしてきましたという雰囲気を出さずに、それでいて見た目がとてもお洒落なファッションをしている人のことを指します。

いわゆるお洒落上級者と言えるいでたちですので、港区のバーに行くには最適と言えるでしょう。

それでは、バーでの「こなれファッション」を見ていきましょう!

◆ バーこなれモテファッション

昨今は肉食系女子のリードに任せている草食系男子が多いと言われますが、誘うのはぜひ男性からにしたいものです。

モテるメンズのこなれファッションの決め手はシンプルにあります。

適度に大人の雰囲気を出しつつも、キレイめにがっちり固めすぎないことです。

がっちり固めると、もはやスーツという選択肢しかないでしょう。

確かにスーツならどこに行っても問題なく入れますが、スーツでお洒落に見せるには普段からこだわりのアイテムなど意識していないと難しいものです。

キレイめとカジュアルを半々くらいで織り交ぜることができれば、こなれファッションになるはずです。

いくつかバーに行く際のおすすめこなれモテファッションを見ていきましょう!

出典:https://wear.jp/

セットアップにインナーをカットソーにすることによりカジュアルさをプラス。
カットソーとカラーを合わせた靴下をチラ見せさせるのもよいですね!
冬だとカットソーではなくニットに変えても良さそうです。

出典:https://wear.jp/

プレーンな白シャツのボタンを全て留め、シンプルなコーデなのでメガネとハットでアクセントをプラスした大人コーデですね。
上半身をきれい目に仕上げ、下半身はカジュアルにワイドなスラックスでこなれ感を演出しています!

出典:https://wear.jp/

シンプルなセットアップスタイルですが、トレンドのインナーダウンを加えることによりセンス良く外している感じが絶妙です。
普段スーツの人でも手軽に取り入れられるのではないでしょうか?

◆ 恥をかくのではなく声をかけることができる男性に

初めての港区のオーセンティックバー。

はじめは緊張はしてしまうかもしれませんが、ファッションが決まれば少しは自信も出てくるはずです。

今回の初オーセンティックバーから、自信を持って一人でも行けるようになったり、スマートに女性へ声をかけることができる、格好のいい男性への階段を上がれると良いですね!

関連記事一覧

今より人生を向上したい全ての方達へ。
ビジネス、ファッション、美容、ライフスタイル、趣味など、あらゆる面で情報を発信していきます。
皆さまの明るい人生の後押しが少しでも出来たらと願い。