新しい住まいの形、個性が活きるリノベーション

LIFE STYLE

「リノベーション」という言葉、ご存知ですか?
今、新しい家づくりのスタイルとして注目が高まっており、
市場規模も年々、拡大を見せています。
その人気の秘密は「個性」というキーワードにあるようです。

◆ 新築から中古・リノベーションへ

長年日本では、家は新築に住むのが最高という
「新築至上主義」が根付いてきました。

しかし、住まいに対する価値観の多様化や、
都心部では新築住居の価格の高騰もあり、
大金を払って新築を選ぶよりも、

「住みたいエリアで、自分好みの家に住めるなら、
中古の戸建てやマンションであっても全然構わない」

と考える人が、特に若い世代や女性に増えてきました。

そうした方のニーズにぴったりはまったのが
リノベーションなのです。

◆ リフォームとの違いは?

リノベーション(renovation)の意味は「革新、刷新、修復」。

リフォームは、時の経過とともに古くなった住まいを、
新築の状態に「原状回復」することが目的で、
古くなったキッチンや浴室を新しいものに取り換えるなど、
部分的、表層的な改修工事がメインです。

これに対しリノベーションの対象は、
間取りから内装、配管などを含む、住まい全体
に及びます。

住む人の希望、スタイルに合わせて、
デザイン性を高めたり、内外装を変更したり。

より個性が活かせる、プラスαの価値を生み出す改修
ということになります。

◆ リノベーションならではのメリットとは

【エリアの選択肢が増える】
住みたい街で新築マンションを探そうとしても、
なかなか希望の立地で見つけるのは困難です。

でも中古の物件を買ってリノベーションとなれば、
駅近であっても空き物件を探して購入できる可能性は高まります。

【実際の物件を見て確かめられる】
新築マンションではモデルルームで仕様は確認できても、
実際の物件は完成するまで見ることができません。

対してリノベーションでは、実際の建物や部屋を見ることができます。

日当たりや眺望、周辺環境まで、しっかり確認できるので、
そこでの暮らしがイメージしやすく安心です。

【自由に設計、デザインできる】
新築マンションや戸建はどれも同じような無難なつくりです。
どうせ住むなら自分たちで作った、自分たちらしい家に住みたい。
という思いがリノベーションなら叶います。

例えば、仕切り壁を取り払って、
風通しのいい広々としたリビングにしたり、
料理が好きな方なら、キッチンスペースをたっぷり取ったりと、
世界で一つの、個性を活かした住まいが誕生します。

【費用面でも低く抑えられる】
同様の条件のもとで、
新築購入と中古物件+リノベーションでの費用を比べた場合、
中古+リノベーションの方が、数十%安くなることが多いようです。

また新築マンションの場合、
築年数が経つにつれて資産価値はどんどん下がっていきますが、
築数十年以上のマンションでは下がり幅はわずかになるので、
購入後に市場価格が下降するリスクを避けることもできます。

◆ デメリットも合わせての検討を

こうしてみると、リノベーションはいいことばかりに思えますが、
もちろんデメリットもあります。

築年数の古いマンションや戸建では、
耐震性が現在の基準に満たないものも含まれています。

特に1981年に耐震基準の大幅な見直しが行われる以前に
建てられたものに関しては、その可能性があります。

そのため耐震改修などが必要となり、
かなりの費用がかかってしまう場合があります。

そうしたデメリットも認識した上で住まい探しをするなら、
リノベーションは理想の家に出会うための、
魅力的な選択肢となるはずです。

関連記事一覧

今より人生を向上したい全ての方達へ。
ビジネス、ファッション、美容、ライフスタイル、趣味など、あらゆる面で情報を発信していきます。
皆さまの明るい人生の後押しが少しでも出来たらと願い。