• HOME
  • HOME
  • BUSINESS
  • 開業資金ってどのくらい必要なの?1分で誰にでもわかる簡単解析

開業資金ってどのくらい必要なの?1分で誰にでもわかる簡単解析

BUSINESS

何か事業を始めるとなった場合、開業資金が必要です。
では、開業資金にはいったいいくらくらいの費用が必要なのでしょうか?

ここでは開業資金に必要となる費用を、店舗を構える場合とそうでない場合に分けてご説明したいと思います。

◆ 開業資金と運転資金

まず、開業資金として店舗費用や設備費用、改装費、備品代、材料や商品仕入れ代、広告宣伝代・・などが必要になります。
さらに、運転資金が必要になりますが、これは人件費や毎月の家賃などです。

これらの費用は売り上げがあるなしにかかわらず毎月必ず必要です。

他に開業する際に借り入れたお金の返済金と利子、自分の生活費・・などがあります。
うっかり見落としがちですが必ず計算に入れておきましょう。

他にも、予備資金を準備しておくようにしましょう。

◆ 具体的な開業資金

《店舗を借りる場合》
店舗を構えて開業する場合、借りる物件にかかる費用がもっとも大きくなると考えられます。
その理由は物件を借りる家賃以外に、仲介手数料や保証金などがかかるためです。

その他に店舗の改装費用な内装費用、設備代などがかかってきます。
もし、飲食店などであれば厨房機器代や家具代・・などがその上にかかります。

他にも、上で書いたような人件費や広告宣伝費、運転資金などを用意しなければなりません。
そうなると、最低でも数百万円程度のお金が必要となるでしょう。

《店舗を借りない場合》
いっぽうで、無店舗の場合は店舗を借りるのと比べて安く済むことが多いです。
ただ、事務所を借りるとなれば保証金などがかかるため、ある程度の開業資金が必要になります。

他に、通信機器代、たとえばパソコンやFAX、スマホなど、事務用品としてプリンターやコピー機などが必要になります。
ビジネスの種類によっては営業車が必要になることもあります。

さらに、店舗を用意する必要がなくても、運転資金や広告宣伝費は必要になります。
業種によって金額に差はありますが、店舗がない場合の開業資金はやり方によっては百万円以内にすることも可能でしょう。

◆ まとめ

開業資金に必要なお金はいくらくらいか簡単にまとめてみました。
誰でも開業して自分の会社やお店を持つのは夢ですよね?

ですが、開業資金がいったいいくらくらいかかるのか前もってしっかりと計算していただき、後になって困ることがないように準備しましょう。

公的な融資制度などもありますので、そういったものに申し込むのも一つの手ですね。
ぜひ、ご参考になさってみてください!

関連記事一覧

今より人生を向上したい全ての方達へ。
ビジネス、ファッション、美容、ライフスタイル、趣味など、あらゆる面で情報を発信していきます。
皆さまの明るい人生の後押しが少しでも出来たらと願い。